【Amazon高額商品販売お得情報】FBAと自己発送どちらが良いか解説

【Amazon高額商品販売】FBAと自己発送どちらが良いか解説

「真・脱サラせどり攻略法」(登録者数282人)よりご紹介します。

Amazonで高額商品を販売するとき、FBAか自己発送か迷う人多いと思いはずです。

今回は、実際に自己発送もFBAもやっている体験だから紹介される動画ですので、参考にしてみて下さい。

高額商品を自己発送にしていた理由

Amazonで高額商品の自己発送を辞めた理由について詳しく解説
出典 : YouTube

Amazon販売の利点はFBAを利用して、自己負担の発送作業を軽減できるところです。

しかし、そんな中で高額商品を自己発送していた理由について動画内ではしっかり語られています。

なるほど、と理解できる点について簡単に概要を説明しますので確認してみてください。

自己発送の方が発送料安い

まず、自己発送にしていた理由として挙げられるのが自己発送にした方が、発送料が安いという事です。

Amazonでは商品の種類や大きさなどで、発送料が変動してきます。

動画内では、その辺りの説明を実際のAmazonの画面を共有して行ってくれているので分かりやすいです。

動画を見ると分かりますが、特に高額商品だと単価が大きいので、しっかりと計算しないと大変になります。

返品手数料を決められる

高額商品を自己発送にしていた理由として発送料が安くなる場合があるという事を紹介
出典 : YouTube

AmazonFBAを利用すると、キャンセルポリシーなどはAmazonの規定に沿って行われます。

普通の商品なら返品されても問題ないですが、高額商品だと一度の返品で大きく売り上げを失うのが怖いです。

その辺りのリスクヘッジをするためにも、返品手数料を自分で決められる自己発送を選んでいました。

動画を見ると返品のリスクについて、細かく解説してくれているので分かりやすいです。

高額商品の自己発送を辞めた理由

Amazon販売で高額症の自己発送を辞めてFBAに切り替えた理由を紹介
出典 : YouTube

自己発送のメリットを動画の前半では語ってくれています。

しかし、メリットと思っていたところが全てそうなるわけではない事を伝えているのが後半部です。

そしてそれがそのまま、投稿者が自己発送を辞めた理由になるのでぜひ確認してみて下さい。

平安きりん

以下で概要に触れますが、より詳しく知りたい方は動画を見てください。

Amazonの規定が優先される

上でも説明した通り、返品された時高額商品は大きな売り上げを失う事になります。

それを、回避するために自分で返品手数料を決められる自己発送にしていたわけです。

しかし、自己発送でもAmazonの規定の手数料にされてしまう事が条件によってはあります。

せっかく手間をかけて自己発送にしていたのに、そうなってしまうと最悪です。

動画内でリスクについてしっかり説明されているので、確認して最悪な状況を避けましょう。

FBA自己発送の概要を要確認

FBA・自己発送はどちらもメリット・デメリットがあります。

その辺りを、自分で確認することで大きな失敗をせずに済むはずです。

今回の動画が気に入った方は、チャンネル登録をして、あなたのAmazon販売に活かしてください。