【店舗印を押された時の対処法】新品にする抜け道をご紹介します

【店舗印を押された時の対処法】新品にする抜け道をご紹介します

「副業せどりコーチ 太田」(登録者数4,620人)よりご紹介します。

副業としてせどりに挑戦している人の中には、Amazon販売で新品の店舗せどりに挑戦をしている人もいるはずです。

今回の動画では、店舗で購入した新品の商品に店舗印や保証印を押された時の対処法を紹介します。

店舗せどりの店舗印は大丈夫なのか

店舗せどりの商品に押される店舗印は大丈夫なのかについて紹介
出典 : YouTube

今回の動画のテーマは、店舗せどりで商品を購入した時に、店舗印を商品に押された時の対処法です。

新品で購入して新品として販売したい場合、こういった印が入っていても中古とならないのかという事が、話の核になります。

たしかに、新品の状態を考えると、印や保証印などが押されていると中古扱いにされそうな気もするので、迷いどころです。

平安きりん

Amazon販売では、何気なく普通にやっていることが、実はルール違反になるという事もあるので注意しましょう。

何度も販売したことがある投稿者

何度も販売したことがある投稿者について紹介
出典 : YouTube

実は今回の投稿者自身も、これまで何度も店舗印を押された商品を新品として販売した実績を持っています。

投稿者だけでなく、その周りの人の経験も踏まえると、その数は数えきれないほどで、ペナルティを受けた事もありません。

しかし、ペナルティを受けてないから大丈夫というのは時期尚早なので、しっかりと確認をする必要があります。

Amazon販売ではグレーなゾーンというのは、モグラたたきのように消されていくので、早めに対処しましょう。

弁護士の先生に確認する投稿者

弁護士の先生に相談をする投稿者
出典 : YouTube

これまで、自らも販売した経験がある投稿者ですが、確実に法律にのっとるため、弁護士の先生に相談をしています。

答えが分からないところは、法律に則り判断することが一番安全なので正しい選択ですよね。

実際に法律のプロである弁護士がどういった回答をしているかは、動画を確認してみると分かるのでチェックしてください。

身近に法律を相談できる人がいれば心強いので、せどり実践者は探してみる事をおすすめします。

正しいやり方を心がけよう

動画を確認すると、正しいやり方でせどりを実践していく事の重要性が分かるようになっています。

正しくないやり方で行うと、どのタイミングでアカウントが凍結されるか分からず危険です。

今回の動画が気に入った方は、ぜひチャンネル登録をして、あなたのせどりに活かしてください。