【一人親方の税務調査対策】経費の平均値を知る事で対策をしよう

【一人親方の税務調査対策】経費の平均値を知る事で対策をしよう

「個人事業主の税務調査専門:内田敦税理士」(登録者数151人)よりご紹介します。

個人事業主の方の中には、一人親方として活動していて、経費の計算をどうするか迷っている人も多いですよね。

今回の動画では、一人親方の経費はどれくらいが妥当で、税務調査からどのような指摘をされるか紹介しますのでご参考ください。

一人親方からの税務相談は多い

一人親方として活動している事業主からの税務相談は意外と多い
出典 : YouTube

今回の投稿者は自らも税理士として活動しており、これまで数々の個人事業主の税務相談に乗ってきた方です。

そんな投稿者の元には、意外にも一人親方として働いている人からの相談も多くあります。

その相談の中で多いのが、経費をどれくらいで計算して申告すれば良いかよくわからいないという事です。

平安きりん

事業に掛かる費用と生活に掛かる費用を一つに考えがちな人が多い、現場の世界ならではの悩みだと思います。

どれくらいの経費が妥当なのか

一人親方の経費として、どれくらいが妥当なのかについて紹介
出典 : YouTube

現場仕事をしている一人親方にとって、周りの人がどれくらい経費を使っているのかをあまり把握できていなパターンがあります。

そのためか、自分で確定申告をする場合、どれくらいの経費になるのか非常に迷ってしまう事は仕方ありません。

動画内で投稿者がその目安を正確に詳しく紹介してくれているので、是非参考にしてみてください。

大切なのはうそや調整をするのではなく、本当に掛かっている経費を自分で把握しておくという事なので覚えておきましょう。

業種ごとの経費の目安も存在する

業種ごとの経費の目安について紹介している場面。
出典 : YouTube

どうしても自分の経費の妥当金額が分からないという人向けに、動画の中盤では業種ごとの目安について紹介されています。

何を目安にしているかというと、消費税の簡易課税というもので、ある金額に対してどれくらいの経費が妥当かの目安となりますよ。

自分の中で経費の妥当性にピンとこない人は、一度この数字を目安に経費計算をしてみると分かりやすいのでおススメです。

分からない場合はこういった目安を参考にする事で、難しい経費計算から解放されるので、試してみてください。

経費調整をするのは極力避ける

一人親方で経費が分からないからという理由で、売上や利益を調整する事を前提として決める方もいます。

しかし、このやり方は辞めた方が無難です。

平安きりん

経費に正当性がない場合、罰則の対象となるので、動画を見てその重要さを確認しておきましょう。

今回の動画が気に入った方は、ぜひチャンネル登録をして、あなたの税務調査対策に活かしてください。