【個人事業主の脱税】税務調査が来た時の対処法について紹介します

【個人事業主の脱税】税務調査が来た時の対処法について紹介します


「個人事業主の税務調査専門:内田敦税理士」(登録者数152人)よりご紹介します。

個人事業主で、納税額を少なくするために申告する所得を少なくして脱税をしている人も、少なくありません。

今回の動画では、脱税している状態で税務調査の連絡が来た場合の対処法について紹介しますので参考にしてください。

個人事業主が脱税する理由について

なぜ個人事業主が脱税してしまうのかを解説
出典 : YouTube

動画の中で説明されていますが、個人事業主として脱税をしているという相談が意外にも多いようです。

税務調査は必ず来るものではないので、バレなければ良いと思って脱税してるパターンが存在します。

自分の事業で稼いだお金から税金を払わなければいけないので、脱税したくなる気持ちは分かりますが、良い事ではありません。

平安きりん

自分で確定申告をしている個人事業主であれば、申告する金額を調整できますが、あくまでルールにのっとる事が前提です。

個人事業主で多い脱税方法

個人事業主の多くが行っている脱税方法について説明
出典 : YouTube

それでは、脱税を行っている個人事業主の多くは、どういった方法で納税額を減らしているのでしょうか。

それは、売上金額の申告を低く見積もったり、存在しない経費を計上したりする方法で行っています。

バレなければ問題ないかもしれませんが、もしバレた場合は虚偽申告として罰金を科せられるので注意が必要です。

税務調査はあまり来ないから大丈夫ではなく、いつでも来ると思って確定申告をするようにしましょう。

脱税状態での税務調査について

脱税状態で、税務調査が来た場合同った罰則を受ける事になるのかを紹介
出典 : YouTube

脱税した状態で税務調査が来た場合どういった事になるのかを、もう少し詳しく説明していきます。

税務調査で脱税がばれてしまうと、罰則として重加算税を支払分ければならなくなる可能性が高いので、覚えておきましょう。

そして、その額は脱税している額が多ければ大きいほど膨れ上がっていくので、甘く見てはいけはいけません。

平安きりん

事業で出した売上に税金がかかる事は法律で定められているので、罰則は絶対に避けられないと思った方が良いです。

脱税をしていても対処法はある

あなたがもし脱税をしていて、税務調査の連絡がきたとしても、罰則を避ける方法が実は存在します。

その方法については、動画の後半部で詳しく説明されているので、知っておいてください。

もし脱税していて税務調査が来たとしても、それを隠ぺいすることは絶対にしてはいけません。

今回の動画が気に入った方は、ぜひチャンネル登録をして、あなたの税務調査対策に活かしてください。